ビットコインとか勉強会#10 NBitcoinで学ぶOpen Assets Protocol(Colored Coins)

2017年8月29日、暗号通貨勉強会 ビットコインとか勉強会#10にて登壇しました!

https://cryptocurrency.connpass.com/event/64114/

私は、「NBitcoinで学ぶOpen Assets Protocol(Colored Coins)」の話を。


自分では分量的に足りないと思っていたら、時間オーバーしたのに3分の2くらいしか話せませんでした(苦笑)

聴いてくださった方の感想としては、

・熱意を感じた
・学校の先生みたい(スライドだけでなく、ホワイトボードを使ったのもあるが、話し方がそうだったのかもw)
・わかりやすかった

などなど

細かいところは難しかったかもしれませんが、ざっくりとした話は熱意と共に伝わったでしょうか?

久しぶりの5分LT(ライトニングトーク)でない登壇。

LTも楽しいけど、ある程度長い時間の登壇はやっぱり充実感がありますね!!

ブロックチェーンハブ開発者コミュニティ第7回会合

2017年7月26日にブロックチェーンハブ開発者コミュニティ会合(D-Members)のLTにて、

NBitcoinを使ってOpen Assets ProtocolのColored Coinsを発行する方法を発表させていただきました。


NBitcoinはC#実装のBitcoinライブラリで、ご使用いただければわかりますが、洗練されています!

今回の発表では、Open Assets Protocolの原理まではお話せず、NBitcoinの使い方を中心にお話しましたが、
近いうちに、Open Assets Protocolの原理と、可能性のある実用例をお話できればと思います。

そして、ちなみに7月26日は二日連続でブロックチェーンハブ。

BcH講義 基盤技術 ハイパーレッジャーとその他の分散レッジャー技術

最近、BlockchainプログラミングはBitcoin Coreしか触っていなくて分散レッジャーへの関心が薄れていましたが、
講義を受けてとても面白かったです。

斉藤賢爾先生の切り口が興味深かったのもあり、概要から課題まで知れました。

紹介に止まらず、現状の分散レッジャーの課題が聞けたのは、いわゆるBitcoinやEthereumなどパブリックチェーン派の私としても、面白い面がありますww

この記事を書いている時点では、スライドは公開されていませんが、スライドが公開されたら感想も書いていきたいと思います。